ペンで描く―スケッチから細密描写まで

タイトルの通り、つけペンを使って絵を描くための本です。 ペンを使って絵をどうやって表現するかや、ペンの基本的な質感やタッチの付け方などが載っています。

本格的な本なので、ペン画をやっている方なら非常に参考になると思います。 白黒のトーンでいかに質感や存在感を出すかがよくわかります。

ペンで絵を描いている方は是非。

鉛筆デッサン教室―観察から線力アップまで

鉛筆デッサンの基本が学べる本です。

デッサンの事だけではなく、鉛筆の削り方、準備体操、用紙の事など本当に初心者向けに書いてあります。 練習法もわかりやすく書いてあって助かりました。

また、ある程度描いている方も基本を見直すのに良いかもしれません。

鉛筆デッサンを始めたい、線力を上げたい方は是非。

PAGE TOP

Twitter

    新着まとめ