やさしいC 第3版

C言語の入門本です。

C言語の初心者としてではなく、プログラミング初心者として扱ってくれているのでわかりやすいです。 説明が詳しく書いてあります。

Cの拡張がC++なので、Cで始めてもC++でそのまま使えます。 むしろ、基本が押さえられるのでCから始めた方がいいかもしれません。

完全なプログラミング入門者にオススメです。

やさしいC++ 第3版

C++の入門本です。

C++の初心者としてではなく、プログラミング初心者として扱ってくれているのでわかりやすいです。 説明が詳しく書いてあります。

Cの拡張がC++なのでCの内容も若干ありますが、↑と比べてC++に特化しています。 一冊でC++まで済ませたい方はこちらをオススメします。

ただ、CやJavaをやってきた人がC++の勉強をしたくて買うなら他の本がいいと思います。

完全なプログラミング入門者にオススメです。

やさしいC++―まずは「C言語」からはじめよう!!

C++の入門本です。 できればCの経験がある方が読んだ方がいいと思います。

マンガ感覚で理解できる作りになっています。 また、簡単なゲーム開発まで取り上げています。

プログラミングをやっていく上での切り口的な部分がいくつか見られました。

C++初心者の方にはオススメです。

C++ の絵本

C++の機能であるクラスやオブジェクト指向を勉強するための本です。 全くのプログラミング初心者ではなく、Cをやった人がC++を始めたい時に読むような本です。

図が沢山あるので非常にわかりやすい作りになっています。 また、分厚くなく、絵が多いので読みやすいです。

詳しいところまでは載ってませんが、C++のイメージが掴みやすい本になっています。

C++初心者の方にはオススメです。

C++プログラミング入門

タイトル通りですが、C++の入門書です。 全くのプログラミング初心者ではなく、Cをやった人がC++を始めたい時に読むような本です。

C++の技術をポイントを押さえて書いてあるので、C++の入門としては最適だと思います。 この本は中途半端にC++を勉強した人にも、要点を押さえる意味で良い本です。

C++初心者の方にはオススメです。

PAGE TOP

Twitter

    新着まとめ