ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術

セガの平山さんという現役プログラマの方が書かれている本です。 新人教育カリキュラムを元に書かれているので、ゲームを作る際に実際必要になる技術、ノウハウなどが詰め込まれています。

ただし、ある程度のプログラミングスキルが必要になります。 とりあえず「C++の入門書は1~2冊こなしました!」くらいでないと話になりません。

基礎は勉強したけど、実際どうやってゲームを作ったらいいんだろうっていう人向けに書かれています。 数学からプログラミングまでゲームに必要な技術を広範囲に渡って紹介しています。

分厚いですが、これが全部こなせればスキルアップは間違いないです。

ゲーム開発に興味のある方は是非。

Windowsゲームプログラミング

タイトル通り、Windowsでゲームプログラミングする本です。 Win32APIを使い方がわかりやすく載っています。

ただし、C言語のプログラミングスキルがある程度必要になります。

Win32APIは別にゲームでなくても使うので、Windowsのソフトを作りたい人にもオススメの本です。 第2版にはネットワーク関係も載っています。

基礎は勉強したけど、実際どうやってソフトを作ったらいいんだろうっていう人は是非。

ゲームエンジンプログラミング

タイトル通り、ゲームエンジンに関するプログラミング本です。

初心者向けではありません。 ゲームエンジンに関する基本的な考え方から、そのプログラミング方法まで載っています。 使っている言語はC言語です。

大きめのゲームを作るとなると、ゲームの設計について考えなければなりません。 その際のプラグインやモジュールの設計に関するノウハウが書かれています。 実際のコードもあるので、理解しやすいと思います。

プログラミング中級者やゲーム開発に興味のある方は是非。

PAGE TOP

Twitter

    新着まとめ