Lightwave Beginners

その名の通りLightwaveの初心者本です。 基礎的なことが初心者でもわかるように書いてあり、実際に作りながら進めていける方式になっているので、一冊終わった頃にはLightwaveの基本的なことはできるようになっています。 また、基本的な3DCGのワークフローもわかるので、ためになりました。

3DCGソフトの本の中には、機能を端から端まで網羅的にやろうとして失敗している本もあります。 それに対して、ポイントを絞って書いてあるので、とても実践的です。

ただし、応用についてはあまり触れていません。 応用は公式チュートリアルやリファレンスやWEBサイトを読むことが多いので、この本に書いてある基本が理解できていれば問題ないと思います。

実際のデータがCDに入っているので、最終的な結果もわかってよかったです。

Lightwaveでいこう!

Lightwaveの初心者本です。 初心者~中級者くらいまでカバーしてくれている印象です。

ただ若干古い本になりますので、普通の本屋には売ってないです。 これから先Lightwaveがどのように変化していくかわかりませんが、基本となる技術ばかりなので、内容的には古くても問題ないと思います。 私がこの本を買ったのもLightwavev9.3とか使ってた頃だと思います。

書いている笹原和也さんという方が実際アニマという会社で監督をしていた方なので、実際に使うようなことが沢山盛り込まれています。 良著だと思います。

PAGE TOP

Twitter

    新着まとめ