3ds Max

ガチプロ向けの3DCGソフト。 一応昔4大3DCGソフトなんて言われていたものの一角であり、現時点でもプロの中で最も使われているソフトの一つです。 基本的に3DCGに必要な機能(モデリング~アニメーション~レンダリング) […]

ガチプロ向けの3DCGソフト。
一応昔4大3DCGソフトなんて言われていたものの一角であり、現時点でもプロの中で最も使われているソフトの一つです。

基本的に3DCGに必要な機能(モデリング~アニメーション~レンダリング)は全て入っている統合ソフトです。

とりあえず、ものすごい機能とものすごい価格です。

Autodeskの3つのソフトの中で、少人数向けで、サクサク作れるのはMaxです。直感的な操作、スピーディな制作、高い生産性を意識して作られています。 使いやすいレイヤー式の構造、多彩なモデリングツール、BipedやCATという強力なキャラクタアニメーションツールなど、機能が充実しています。 3DCGソフトの中では歴史の長いソフトなので、良質なプラグインも豊富なのも特徴です。

3DCG業界ではよく

「Maxは少ない手数でそれなりの絵ができる。」
「なんだかんだでMaxのプラグインが一番きれい。」

などというフレーズをよく耳にします。

これらのことから、割と個人で使っている人が多い気がします。 プロの中でもフリーランスの人はMaxユーザーが多いです。企業内でもプラグイン目当てで使うことがあります。3DCGソフトの中で最もユーザー数が多いのはMaxだとか。 Lightwave3Dなどからさらに高機能なものを使いたい人がこのMaxやSoftimageに乗り換えているのをよく見かけます。

映像、ゲーム業界の他に、建築分野でもよく使われています。 また、プラグインでPencil+やfinalToonというソフトがあり、アニメ調のCGを扱っている現場でもよく使われているソフトです。

広く使われているソフトなので資料も結構あります。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP

Twitter

    新着まとめ